2012年9月24日、伊豆半島ジオパークが日本ジオパークに認定されました。
ジオパークとは、地質学や地球科学から見て特別に重要で貴重な、あるいは美しい地質遺産を含む一種の自然公園を示します。
地質や地形は、地球の歴史を物語っているだけでなく、人の暮らしや文化に直接結びついています。
この大地の営みをひとつの遺産として学び、保護と活用を図り、楽しむのがジオパークです。

ここ西伊豆にも、様々なジオパーク構想エリアがあります。 御宿しんしまには、西伊豆エリアのジオガイドが居ます。


伊豆の海底火山時代の痕跡を美しい地層や景観から知ることのできるサイトです。
世界的にもまれな海底火山の美しく多様な地層断面が観察できます。

浮島海岸ポイント
  

浮島(ふとう)海岸では、かつての海底火山にマグマを供給したマグマの通り道である岩脈群(火山の根)を観察することができます。


堂ヶ島岸南ポイント
  
  

堂ヶ島海岸の崖には、海底火山の噴火にともなう水底(すいてい)土石流と、その上に降り積もった軽石・火山灰層が見られます。


沢田公園付近ポイント
  

海底火山の噴火にともなう水底(すいてい)土石流や、海底にふり積もった軽石・火山灰層が作る景観。
白色の海底火山灰層には中世の磨崖仏(白岩山岩壁窟画)が掘られており、自然と人間文化との関わりの一端を知ることができる。



海底火山から噴出した枕状溶岩や水底土石流の地層が見られます。
これらは伊豆最古の地層である仁科層群(2000万〜1500万年前)の一部です。
また、火山灰が一団となって海底をなだれ下った乱泥流(らんでいりゅう)の地層(1400万年前)や、
南洋の化石を含む石灰岩や石灰質砂岩の地層も見ることができます。

一色ポイント
  

伊豆半島で最も古い時代の地層である仁科層群は、その大部分が海底噴火で流れだした溶岩や水底土石流の堆積物で構成される。



伊豆半島が海底火山だった時代に作られた火山灰や海底溶岩流の地層を見ることができます。
また、地下からのマグマの通り道である火山の根が作るダイナミックな地形も魅力的です。

室岩洞ポイント
   

半島が海底火山であった時代に海底に降り積もった火山灰は長い年月を経て凝灰岩へと変化し、
「伊豆石」と呼ばれる石材として江戸城の石垣に使われるなど重宝された。


烏帽子山ポイント
  

烏帽子山は、標高160メートルを越える高さにそびえる火山の根です。
海から急傾斜で立ち上がる烏帽子山の姿は大迫力です。山頂へ続く歩道もあり、山頂からの絶景を楽しむこともできます。


千貫門ポイント
  

千貫門は「火山の根」の一部で、波の侵食によりできた海食洞が「門」を形作っている。